本文へスキップ

危険情報社は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

観測方法と装置の概要order

地震の理論とメカニズムが判りました。(2019-1)

24年間地震と電磁波の研究を続けて、ようやく、地震の理論とメカニズムが判りました。地震計データでは全くダメでしたが、電磁気や電波の観測と長年の研究で判ったのです。未だ、地震学者が誰も発表していませんから楽しくて仕方がありません。但し、予報には、しっかりした観測網と解析装置が必要です。自動計算迄できれば完成です。

電磁波観測の方法と装置

地下と地表と上空の電磁波を調べます。

  1. 地下は、ノイズやパルスを観測します。
  2. 地表は、FM放送やその他の電磁波を観測します。
  3. 上空は、短波帯の電磁波を観測します。
  4. 電磁気を観測します。
  5. 伝搬中の電磁波の変化を調べます。

ノイズやパルスの観測装置

ノイズの状況を調べたり、パルスの状況を調べれば、3原則が掴めるようになります。

広域観測の装置

短波帯の受信装置で、大型アンテナを回転させて異常電波の来る方法を調べます。電波の出方を調べれば、3原則の概要がわかります。