本文へスキップ

危険情報社は○○○○○○○○を専門とする○○○○○○○○なショップです。

この危険回避技術は必見です。
もう、地震や噴火は、恐怖ではありません。理由は、地震の理論とメカニズムが判った以上、正確な対処ができるからです。現在、技術改良中ですが、いずれ、DNの、正確な観測技術で、安全に貢献します。

item detail

正確な予報と観測技術とはNew!

商品イメージ1

国や地震等の有識者会議や、日本地震学会などが
[地震予知は困難だ!] と、言っています。・・・一部の知見では、確かに、できないと思います。
でも、新しい 当社、DNの電磁気観測方式なら確実に観測でき、1週間前(〜3日前)に、予報もできます。
但し、電磁気観測網の敷設と情報解析処理が必要です。
あなたも、観測装置を導入すれば、安全に暮らせますよ。

実は、簡単な事でした。
気象庁が使っている地震計は、地表の揺れを見ています。
従って、地下数10qの震源変化は無理なんですね。

ところが、電磁気の場合
地殻や岩盤に軋轢(押し合いへし合いや摩擦)が起きれば必ず電磁気が発生します。
その電磁気や電波の変化を地上で捉えるのです。
(電磁気前兆は阪神大震災の時に解りました。)

地下で起きた電磁気は、地殻岩盤を上手に伝わりますから、地上では、必ず変化が現れます。
地震前に、ラジオがノイズで聞こえなかったり、無線通信もできなくなるので、(火を見るより明らかと言えます。)

商品イメージ2

観測の根拠紹介1 ノイズ・パルス

 震源地で起きた<破壊、割れ、摩擦>で電磁気のノイズやパルスが発生します。直流電気なら岩石などの絶縁体は通れませんが、交流的電磁気ならコンデンサー模様として、簡単に通れます。
 従って、地表で、ノイズの状況を観測すれば、発生場所や規模、時期等が解るようになります。
  << 写真は学会で公演中 >>

商品イメージ3

観測の根拠紹介2 地表電波の変化

 地下で起きた電磁気が地表に貯まると、地表を伝搬する電磁波に影響を与えます。
 これは、常時出ている電波を観測していると、地震前には必ず大きな変化が現れます。この変化を工夫して解析すると、地震の3原則(いつ、どこ、大きさ)が解ります。
  << 地震予知学会会長と 自宅のシャックで >>

商品イメージ4

観測の根拠紹介3 広域的観測網

 広域的観測には短波帯の電磁波を利用します。なぜなら、これらの電磁波も地震前に変化が出るのです。 しかし、3原則は大まかにしか掴めていません。しかし、これまでの観測経験では、アジアの国レベルで、3原則の概略が解ります。ただし、広域用の観測網が必要となります。

地震予知の解析技術は
「1週間前から3日前」迄に確率90%以上で
警報が出せます。これが、本物の予報です。
(正確な警報には適正な観測網が必要です。)

いつの発表
      ○1ヶ月前は   国の地方単位、震度6〜7クラス
      ◎数週間前は  県単位、震度5〜7      
      ◎ 数 日 前は  県の地方単位、震度4〜7 
      △数時間前は  特大地震は、時間単位で詳細な                 発表が可能です。 
どこの発表
月、週、日で次第に詳しい場所を発表します。
大きさ発表
期日が、迫ればより詳細に判ります。
計算方式
技術情報なので、開示はしません。    ただし、必要があれが協議に応じます。
観測装置
 観測網の密度に応じてより正確な予測が可能です。単独の設置希望や市長村単位等での設置希望がある場合は、周辺局を含め数局〜数10局の観測網が必要となります。設置費用は数十〜数百万円ですが、維持管理も含め、相談に応じます。